• 2005 release
  • ¥1,500 (taxin)
  • CDR

1.孤独のワルツ
2.焦がれる胸
3.戯れの痕
4.回帰
5.白いノスタルジア
6.赤と黒
7.Kの音と少しの絵

Mujika Easel独りによる完全宅録音源「記録音源シリーズ」第3段。

作品『引力と重力』は、 即興による電子ピアノ、そこに声をまた即興で多重録音するという手法で制作されている。 2005年の夏の記憶を、1日1曲、合わせて1週間に凝縮して詰め込まれたひとつの確かな記録集である。 2005年に限定100枚でリリースされ、その後廃盤となったが、リスナーの熱い声により2008年に再発された。